グランピングなのに安い!リーズナブルに宿泊できる栃木のグランピング施設を紹介

気軽に快適にアウトドアを楽しめるため、人気を集めているグランピング。ラグジュアリーな施設も多く、グランピングに高級なイメージを持っている方も多いでしょう。そこで、都心からほど近い、栃木県の中でもリーズナブルな価格で気軽にグランピングができる施設をご紹介します。

グランピングに興味がある方はぜひチェックしてくださいね。

グランピングとは

テレビや雑誌などでも度々紹介されている「グランピング」。知っている人も多いと思いますが、改めてその意味などについてご紹介します。

グランピングとは、魅力的なという意味の「グラマラス」と「キャンピング」を組み合わせて作られた言葉です。従来のキャンプでは必要だった、テントや食事の準備などせずに、キャンプの楽しい部分を中心に体験できる新しいアウトドア体験で、世界的にもブームになっています。

グランピングという言葉が生まれたのは2005年のイギリスといわれていますが、日本でも2000年代からオートキャンプ場を利用したグランピング施設のようなものがありました。2010年代に入り、大手リゾートホテルチェーンがグランピングと銘打った施設を開業したことをきっかけに日本でも現在に続くグランピングブームが起こりました。

グランピングの醍醐味

グランピングプランには自然の中でのテントに泊まるものから、昼間はアウトドアを楽しみホテルに宿泊するものまで多様です。

アウトドアならではの雨の音や日の光など自然の気配がたくさん感じられるプランを選ぶと、グランピングらしい体験ができるでしょう。また、小さな子ども連れの場合や、虫が苦手といった場合には、ロッジやホテルなど建物に宿泊すれば安心です。

グランピングの魅力は「快適な自然体験」ができることなので、自分たちにマッチしたグランピングプランを見つけてみましょう。

栃木県でリーズナブルに宿泊できるおすすめのグランピング施設はこちら!

いちごの産地や那須高原などでも知られる栃木県は、都心からも2時間程度でアクセスできる立地です。グランピングでも安い施設があります。ちょっとのんびり過ごしたいというときに気軽に訪れてみてはいかがでしょうか。

素泊まりのグランピング プランもある「ツインリンクもてぎ」

栃木でサーキットやアスレチック、ホテルやキャンプなどさまざまな体験ができるモビリティテーマパークであるツインリンクもてぎ。

グランピングは、10m×10mの広さのサイトにタープ付きのグランピングテント、セミダブルベッドが2台、ソファーや冷蔵庫、BBQコンロなどが準備されています。

定員は4人で、小さな子どもいる家族やカップルで、ゆったりとくつろげます。さらに、サイトの広さが2倍、定員が6名のグランピング・ワイド、テラス付きでプライベートな空間を満喫できるグランピング・ワイド森のテラスがあります。

ホテルのシェフこだわりのBBQ付きのプランもありますが、素泊まりプランが用意されているのも嬉しいポイントです。

さらに、2021年7月には新しいグランピングのサイト、「ロータステント」もオープン。隣のテントとの間隔は7m以上、全サイト駐車スペース付きで、よりプライベート感と安全性を高める工夫がされています。

住所:栃木県芳賀郡茂木町桧山120-1
価格帯: 平日 素泊まり 4名(大人2名+小学生2名)様利用時 1人/¥5,350(税込)~
URL:https://www.twinring.jp/f-glamping/

昭和ふるさと村のグランピング

昭和初期に建築された木造校舎を利用した懐かしさを感じる施設で陶芸やそば打ちなどのふるさと体験ができる昭和ふるさと村。ここでのグランピング体験はとてもユニークです。

学校のプールを利用した水上グランピングサイトは、他ではなかなか見られません。宿泊サイトはテントとコテージの2種類。ベッドや小型冷蔵庫が備えられているので、快適に過ごせます。オプションメニューのBBQグリルセットを頼めば、手ぶらでBBQも楽しめます。素泊まりプランもあるので、リーズナブルに自由にグランピングを楽しめます。特別なロケーションで、家族や友人たちと特別な時間を過ごせるでしょう。

昭和の雰囲気が漂う昭和ふるさと館で昭和の暮らしを垣間見たり、校庭を利用したグラウンドゴルフを楽しんだり、とのんびり過ごすことができるでしょう。懐かしい教室で昭和の給食を食べるという、ここでしかできない体験もあります。さらに、貸し切り露天風呂(有料)で疲れを癒すのもいいですね。

住所:栃木県芳賀郡茂木町木幡252
価格帯: 平日 素泊まり 2名様利用時 1人/¥5,500(税込)~
URL:http://showafurusato.com/aboutus.html

那須ハミルの森

那須ハミルの森は、グランピングのための施設。施設内にはかわいらしい三角屋根のベルテント、かまくらのようなドームテント、非日常感を味わえるクリアドームテントと3タイプのテントがあります。それぞれ独立したウッドデッキにテント、BBQ小屋、ハンモックが設置されているので、プライベート感のある空間でのんびり過ごせます。

テント内は冷暖房、ミニ冷蔵庫や電源、コーヒーセットなどサイトの設備や備品も充実しているので、快適に過ごせます。無料のシャワールームのほか、有料の人口温泉もあります。那須観光で疲れても、リフレッシュできますよ。

キッズに嬉しいミニアスレチックもありますので、小さな子ども連れでも飽きずに楽しめます。また、ペットと泊まれるドームテントもあり、専用の足洗い場やケージなどの備品も完備。ドッグランもあるので、愛犬ものびのび過ごせるでしょう。

素泊まりプランはありませんが、夕食と朝食が付いても¥14,000(税込)~とリーズナブルに宿泊できます。

住所:栃木県那須郡那須町大字高久甲5310-1
価格帯: 1泊2食付き 4名様利用時 1人/¥14,000(税込)~
URL:https://www.hamirunomori.com/

井頭温泉チャットパレス

日本一のいちごの町である栃木県の真岡市。そんな町にある井頭温泉チャットパレスは、自然豊かな公園といちご畑に囲まれています。施設内には、温泉、ホテル、グランピングが併設されていて、楽しみ方は多様です。

2021年にオープンしたグランピングは、広々とした楕円形のドーム型テントを使用。いちごカラーの赤をアクセントとした北欧テイストのインテリア。ゆったりとした空間と家族や友人たちと貸切るラグジュアリーな時間を過ごせます。テント前にはウッドデッキも。BBQや焚火、ひなたぼっこなど、緑に囲まれて穏やかな時間を満喫できるでしょう。

昼は近隣の公園では、サイクリングやアスレチックなどのアクティビティが楽しめます。またいちごの季節にはいちご狩り体験も。思い切り遊んで疲れたら、温泉で体を癒しましょう。夜にはBBQや焚火を囲んで大切な人ととりとめのないおしゃべりを。ボードゲームや館内着の貸し出しがあるので、リラックスしてゲームを楽しむのも良いですね。

住所:栃木県真岡市下籠谷41番地
価格帯:平日 素泊まり 4名様利用時 1人/¥6,600(税込)~
URL:http://www.chat-palace.jp/

道の駅たかねざわ Takanezawa Trailers BASEのトレーラーハウス グランピング

広大な敷地をもつ栃木の道の駅高根沢。グランピングは、敷地内の大きな池のほとりに並ぶトレーラーハウスでの特別な時間を過ごせます。

トレーラーハウスは、アメリア・フォレストリバー社のものを採用。冷暖房やシャワーが付いているので、ホテルライクな居心地で優雅にくつろげます。トレーラーハウスにはウッドデッキも併設。グランピングでBBQやモーニングを楽しむことができます。

食事は地元の食材をふんだんに使ったこだわりのメニュー。ボリューム満点の本場アメリカンスタイルのBBQの夕食と、米どころである高根沢産の「とちぎの星」を使用した朝食でおなかも満たされます。

ここに来たら、ぜひ立ち寄りたいのが道の駅。地元産の新鮮野菜を扱う直売所だけでなく、天然温泉やレストラン、キッズスペースと見どころがたくさん。また、地元クリエーターの作品を扱うショップでは、ここでしか出会えないものがたくさんあります。開放感あふれるグランピング施設で、高根沢の魅力を満喫してください。

住所:栃木県塩谷郡高根沢町上柏崎588-1
価格帯:平日 1泊2食付き 4名様利用時 1人/¥14,000(税込)~
URL:https://www.genkiupmura.com/stay/glamping/

まとめ

高級なイメージもあるグランピングですが、利用日やプランによってはリーズナブルに体験できます。「グランピングってどんな感じだろう?」と気になっているのなら、こういった施設を利用して一度体験してみてはいかがでしょうか。自然の中でのんびり過ごす時間は、素敵な思い出になるはずです。

 

※価格や情報は2021年6月時点のものです。変更されている場合があります。公式WEBサイトをご確認ください。